業務効率化と工数管理

ミニチュアビジネスマン ノート

仕事をしていると段々溜まってきてしまうものとして、工程数があります。
これは様々なチェックや検査、確認事項などですが、これらは業務効率化の妨げになったり、工数管理の観点からは、必要であったとしてもマイナスとなってしまうものです。
工程数が増えれば、勤怠管理をいくらやったとしてもボリューム自体が大きくなり過ぎているので効果がありません。
そこで検討したいものとして、仕事の外注化とサプライチェーン化があります。
これならば工数管理の観点からも、良い影響がありますし、より重要なポジションに自社の人員を配置できます。
ただ問題はコストであり、まずは工数管理の徹底と業務効率化を突き詰めることこそが、本来の仕事を内容としてもコストとしても満足のいくものとしてくれます。
また安易な外注化はノウハウの流出にもつながりますから、出来るところから取り掛かるということを実践する必要があります。

様々な工夫

ミニチュアビジネスマン 筆記用具

会社を運営していく際、業務や管理方法についても様々な工夫が必要になってきます。
工数管理、勤怠管理、業務効率化など常に最適化を求められる案件は多いです。
ここでは業務効率化についてのサービスについてみてみたいと思います。
業務効率化は今の業務に対して質を落とさず、よりスピーディーに簡略にすることを考える必要があります。
加えて業務にかかるコストをいかに抑えるかという点もポイントになってくるでしょう。
効率化についてのサービスの一例として、銀行などが提案している電子記録債権や収納代行サービスなどがあります。
他にはクラウドサービスを利用した紙媒体の電子化による、コスト削減サービスなどもあります。
業務効率化を考える際このようなサービスの利用を検討してみるのも一案だと思います。

業務効率化の意味。

管理職の微笑み

工数管理とは、一つ一つの工程数を適正なものにして業務を効率良く進めることで、手間や時間を減らし、より多くの仕事を出来るようにすることが目的です。
またここには勤怠管理も含まれますので、キチンと社員が仕事を行っているかと言った管理も行われます。
これらを通じて業務効率化を目指すというのが、今一番考えられたプランになります。
これらをシステム的にし、その効率を考えて提案するのがコンサルティング会社になります。
工数管理と勤怠管理を行う事で、社員の時間や労働の質を上げることが出来ますので、より進んだ技術や方法、プランの提示を促すことが出来ますので、社内での活発な人材育成を期待することが出来ます。
これを現在はキャリアプランと呼び、これからの人材育成の方法として期待されています。

工数管理のトレンド

微笑む管理職

業務効率化を図る上で、いまトレンドになっているのは、勤怠管理システムや工数管理システムを用いることです。
例えば、いままでの勤怠管理は、出勤したらタイムカードを押して、終業時に再度タイムカードを押すことや、残業をするに当たって、特に申請もなしに終業時間を終えてもずるずる行うことが多かったと認識しています。
また、工数管理にしても、アナログに勤務時間をただ工数管理時間と照らし合わせて管理した気になっていても、正確で詳細な工数の管理となると難しいのが現状です。
しかし、勤怠管理と工数管理をシステム化してしまえば、勤怠管理はタイムカードを押す手間を、従業員がシステムにログインしている時間で管理できますし、残業の申請もシステムを通して行えます。
また、工数管理について言えば、例えば30分区切りでの作業項目を入力して頂いて、より正確にどの作業にどれだけの工数を使ったか把握できるため、業務効率化がより一層捗ります。

工数管理と効率

微笑む男性

企業や組織として利益を生むためには、損失を最小限に留め業務効率化を図っていくことが大切です。
組織やプロジェクトの採算をはっきりさせ、業務量の調整や担当者の負荷、また勤怠管理を行うことは企業の管理者にとって需要な仕事のひとつです。
工数管理から業務や作業の改善点がはっきり見えてくれば、それをうまく活用することで改善の糸口を掴むことが出来るはずです。
それ故、工数とは日々工夫や頑張った証の一つであるといえます。
工数を通して、企業やチームの現状と向き合っていければ、成果は自ずとついてくると思います。

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031